2015年07月06日

中国当局、「ニワトリや魚で地震予知」 報道【AFPBB News2015年7月6日】

中国貴州省安順市の市場で撮影されたニワトリ(2014年2月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/Mark RALSTON
【7月6日 AFP】中国政府の研究者らが、ニワトリや魚、カエルを用いて地震を予知する試みを行っていることが、同国メディアの報道で分かった。

国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が先週報じたところによると、同国東部・南京(Nanjing)市の地震局は、7つの畜産農家を地震観測所に造り替え、毎日2回、動物たちの異常行動の有無を地震局に報告させている。ニワトリが木に飛び上がる、魚が池から飛び出す、カエルが集団で移動する、などが地震を示唆する異常行動とみなされるという。

南京市地震局では年内に、さらにもう7か所の農場を地震観測所とする計画だ。地震観測所の条件は、4種以上の動物を飼育していることとされる。

だが、動物を飼育する人々からは、この取り組みへの参加に消極的な声も上がっている。地元動物園の飼育係はチャイナ・デーリー紙に対し、「来園者にちょっかいを出された動物は変わった行動をとるため、この動物園は地震観測所にはならない」と語った。

地震予知に動物を利用することは、中国では新しいことではない。国営メディアは昨年、江西(Jiangxi)省南昌(Nanchang)でイヌを使った地震予知が行われていると報じている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3053780

posted by BNJ at 22:49 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: