2015年07月07日

アクアパーク品川:クラゲもゆらゆら漂い…着々と開業準備【毎日新聞2015年7月7日】(ペンギン/他1ソース)

色鮮やかな光で幻想的な雰囲気のエプソンアクアパーク品川のジェリーフィッシュランブル=東京都港区で2015年7月6日、望月亮一撮影

【写真特集】幻想的な水族館
 ◇「都市型水族館」に進化 10日にリニューアルオープン

 リニューアルオープンを10日に控えた東京都港区高輪の「エプソン アクアパーク品川」で、開業準備が進んでいる。

 「水族館を超えるエンターテインメント施設」を目指し、音・光・映像と海の生物を融合した「都市型水族館」へと進化した。

 壁と天井を鏡面にした空間にクラゲを展示した7個の円柱水槽を配置し、カラフルなLEDライトとゆらゆら漂うクラゲが、癒やしを演出するジェリーフィッシュランブルやペンギンやオットセイを近くで見られるフレンドリースクエアなど11のエリアに分かれる。

 入場料は高校生以上2200円、小中学生1200円、4歳以上の幼児は700円。問い合わせは03・5421・1111。【望月亮一】
http://mainichi.jp/select/news/20150707k0000e040167000c.html

東京・品川の水族館、大人向けに新装 CGや光を駆使【朝日新聞デジタル2015年7月7日】
【動画】リニューアルし10日に開館する「エプソン アクアパーク品川」=岩本哲生撮影

色とりどりの光を使って幻想的な雰囲気を醸し出すクラゲの水槽=6日、東京・品川の「エプソン アクアパーク品川」

 リニューアルのために休館していた東京・品川の「エプソン 品川アクアスタジアム」が10日、「エプソン アクアパーク品川」として新たに開館する。6日に報道公開された新施設は、展示スペースが約3倍に拡充され、CGや光を駆使して大人向けの演出となっている。クラゲやコツメカワウソ、カピバラなどが加わり、魚や動物の展示数は350種約2万点になったという。

 ペンギンの「そら」と「オレンジクロ」は、今回がパフォーマンスデビュー。半年間訓練にあたってきたトレーナーの林せりさん(32)は「今は『ダンス』が唯一のパフォーマンス。今後は、『バイバイ』などもできるようにしていきたい」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASH7700C0H76ULZU00Q.html

ttps://archive.is/ru9oy
ttps://archive.is/SUMGJ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: