2015年07月08日

岡山市で矢が2本刺さったハト見つかる、首と腹を貫通【RSK山陽放送2015年7月8日】

 2本の矢が刺さったハトが岡山市北区の住宅地で見つかりました。

 「あそこの瓦の上」

 矢は、吹き矢のようなものとみられ、首と腹を貫通しています。今のところ衰弱した様子はありませんが、あまり飛ばず、屋根の上で過ごしています。

 「もう見られない・・・よく生きている」

 警察では、鳥獣保護法違反の疑いでの捜査を検討しているということです。
http://www.rsk.co.jp/news/news_jnn.cgi?cat=1&id=2535654

ttps://archive.is/hEMJG

posted by BNJ at 23:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: