2015年07月12日

佐賀)干潟保全と利用、児童も提言 ラムサール登録式典【朝日新聞デジタル2015年7月12日】

子どもやゆるキャラ「有明ガタゴロウ」が踊って条約登録を祝った=佐賀市の東与賀文化ホール

 佐賀市の東よか干潟が国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されたことを受け、11日、市は同市東与賀文化ホールで地域の関係者らと記念式典を開き、求められるワイズユース(賢明な利用)とは何かを考えた。

 条約は保全だけではなく、地域の人が恵みを受けつつ自然と永続的に共存できるよう義務づけている。

 式では環境省野生生物課長の奥田直久氏が「賢明な利用」の例として、蕪栗沼(かぶくりぬま)・周辺水田(宮城県)が冬も田んぼに水を張って鳥の越冬地を守っていると紹介。収穫した米は「自然と共生して作った」と付加価値を付けて売られていると説明した。三方五湖(みかたごこ)(福井県)は、漁師が訪問者に環境教育を行っており、伝統的な漁業の知恵を後世に伝えるきっかけにもつながった、とも紹介した。

 東与賀小の6年生約90人は、干潟を未来に残すための16の計画を発表。油の回収でスタンプをもらえるようにして排水をきれいにするアイデアをはじめ、有明海を囲む4県が協力してイベントを行い地域の人を啓発したり、情報発信の拠点となる展示館の資金集めを進めたりするという提言もした。

 小中学生の「干潟の探検隊」である「東与賀ラムサールクラブ」のメンバーは「干潟は多様な生物がいる『鳥の三つ星レストラン』だ。干潟の素晴らしさを知らせ、守っていく」と話し、生き物調査や他の登録地との交流を今後も続けたい、と意気込んでいた。(松川希実)
http://www.asahi.com/articles/ASH7C54FHH7CTTHB00M.html

ttps://archive.is/qGaM3

posted by BNJ at 12:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: