2015年07月14日

台風でシラサギの巣落下、ひな鳥に「傘を手向ける」大学生【中国国際放送局2015年7月14日】

 台風「チャンホン」は豪雨と突風をもたらし、寧波大学の白樺林に生息するシラサギたちは突然の出来事になすすべもなく、彼らの巣も次々と地面に落とされた。強風に倒された木々の間にはシラサギの死体が散らばっているが、幸運にも助かったひな鳥たちが雨風の中、力なくよろよろと立ち尽くしていた。これを聞きつけた寧波大学の学生たちが駆けつけ、雨風の中、生存しているシラサギを捜し、弱ったシラサギが雨風を凌ぐため、地面に落ちた巣の前に傘を手向けた。寧波大学のスタッフは雨の中、すでにシラサギのためにテントを建ててやり、打ちひしがれたシラサギにとって仮の住居ができた。(編集JK)

 「人民網日本語版」2015年7月13日  http://j.people.com.cn/
http://japanese.cri.cn/881/2015/07/13/162s239229.htm

ttps://archive.is/9PlqX

posted by BNJ at 22:55 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: