2015年07月15日

仲良しペア確認、エリグロアジサシ/佐良浜漁港【宮古毎日新聞2015年7月15日】

求愛行動で仲良しになったエリグロアジサシ=14日、佐良浜漁港(撮影・伊良波彌記者)
 エリグロアジサシ(カモメ科)の求愛行動が14日、佐良浜漁港で確認された。繁殖期に入っているため、陸地近くの岩礁などで仲良しペアが観察される。

 初夏に南方から飛来する夏鳥。日本では奄美諸島以南で繁殖する。人の寄りつかない岩礁などで産卵や子育てするのが多い。

 全身が白い。くちばしは細くて黒色。鉢巻きしているような黒色が特徴。尾は長い。成鳥は全長30a。

 伊良部大橋周辺や池間大橋周辺、城辺の保良漁港周辺などで観察されている。
http://www.miyakomainichi.com/2015/07/78002/

ttps://archive.is/jI2WZ

posted by BNJ at 23:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: