2015年07月22日

米国夫妻の「鶏レンタル」、鶏卵価格高騰で関心高まる【ロイター2015年7月22日】

[ハリスバーグ(米ペンシルベニア州) 21日 ロイター] - 高騰する鶏卵価格に悩んでいたら、米ペンシルベニア州の夫妻が始めたビジネス「産卵鶏レンタル」を利用してみてはどうだろう。食に対する見方が変わるかもしれない。

「RentTheChicken.com」を思いついたのは同州フリーポートに住むジェンとフィルのトンプキンス夫妻。2013年夏に事業を開始して以来、これまでに国内12州だけでなく、カナダのオンタリオ州とプリンスエドワード島の約200の顧客に産卵鶏を貸し出してきた。

鳥インフルエンザの感染拡大を受け、米国の鶏卵価格は先月85%も高騰。このため産卵鶏レンタル事業への関心が高まっている。

居住地にもよるが、サービスの価格は約400ドル(約4万9500円)。これで産卵鶏2羽を暖かい時期に4─6カ月間借りることができ、ガイドブックや鶏舎も付いてくる。

産卵鶏は通常、1週間に8─14個の卵を産むという。顧客はレンタル期間終了時に産卵鶏を購入することも可能だ。

ジェン・トンプキンスさん(38)は「食べ物がどこからやって来るのかが分かれば人々の考え方も変わり、トマトを育て、鶏ふんを堆肥にしたりするだろう」と話した。
http://jp.reuters.com/article/2015/07/22/chicken-rental-idJPKCN0PW09I20150722

ttps://archive.is/yBNQj

posted by BNJ at 22:48 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: