2015年07月23日

アオバズク(青葉木菟) 夏木で見えを切る【東京新聞探鳥2015年7月23日】

 茨城県古河市の鎮守の森で今月上旬、青葉の茂る枝でにらむアオバズク。まるで歌舞伎役者が見えを切るように印象的。時々、カラスが近くに飛来した時などに見られた。犬の散歩や通行人などにはまるで反応はなく、目はつぶったまま。
 夏鳥で渡来するフクロウ科。「ホッホッ」と鳴く。関東地方では巣立ちが7月中旬から下旬に多い。ヒナと親が並ぶ光景が見られる季節を迎えた。全長29センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2015072302000183.html

ttps://archive.is/EoZJ9

タグ:アオバズク
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: