2015年07月28日

海洋漂流ごみ、大半がプラ 横浜寄港のスイス環境団体【共同通信2015年7月28日】(海鳥)

 3月にフランスを出発しヨットで世界を回りながらプラスチックごみによる海洋汚染を調べているスイスの環境保護団体「レース・フォー・ウオーター」が28日、漂流ごみが集まるとされる島々でこれまでに採取したごみの大半はプラスチックだったと明らかにした。

 寄港中の横浜市で記者会見したマルコ・シメオニ代表は「紫外線で劣化し波で細かい破片になってもプラスチックは溶けないため、鳥や魚が餌と間違えて食べて死ぬケースがある。こうした生物を人間が食べた場合の影響は解明されていない」と述べ、生態系への悪影響に警鐘を鳴らした。
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072801001879.html

ttps://archive.is/Ab0Rz

posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: