2015年08月03日

癒されると話題の赤ちゃんフクロウ、真相は? あっという間に米国で拡散した動画について、専門家に聞いてみた【ナショナルジオグラフィック日本版2015年8月3日】

女性保安官代理がパトロール中にモフモフの不審者に遭遇!
 米国コロラド州ボールダーで、女性の保安官代理に話しかけられている小さなフクロウの動画がインターネット上で瞬く間に広まった。フクロウはアメリカキンメフクロウの幼鳥で、つい最近巣立ったばかりだが、すでにほぼ成鳥の大きさになっているという。フクロウの専門家である米ニューヨーク州バッサー大学の助手グレン・プラウドフット氏は、「成鳥でもトマト缶に入るぐらいの大きさです」と言う。

 体は小さいが、見くびってはいけない。米ロッキー山脈猛禽類保護プログラムの野生動物リハビリコーディネーターを務めるマイケル・ティンチャー氏は、「幼鳥のうちは、おバカでモフモフしているので、とてもかわいいです」と言う。「けれども、あと数週間でみるみるうちに知恵がつき、非常に獰猛な捕食者になります」。ハタネズミ、トガリネズミ、ホリネズミ、ハツカネズミなどの小さな哺乳類のほか、昆虫やほかの鳥も襲う。見た目は愛らしいが、生まれながらの“有害生物駆除係”なのだ。(参考記事:「木の枝に止まるキンメフクロウ」)

 動画で保安官代理と対決するフクロウは、頭をひょこひょこ上げ下げしたり、首をひねったりしながら、くちばしをカチカチ鳴らしている。ティンチャー氏によれば、これはフクロウの幼鳥によく見られる行動だという。

 頭や首を動かすのは、もっとよく見たり聞いたりしようとするからで、くちばしをカチカチ鳴らすのは興奮している証拠だという。米ニューヨーク州イサカ大学の常勤研究員ジョン・コンファー氏は、幼鳥はもともとふわふわしているが、さらに羽をふくらませ、自分を大きく見せることで相手を威嚇しようとしているのかもしれないと見る。「本能に従って、相手に捕食される可能性がわずかでも低くなるような行動をとっているのでしょう」

 アメリカキンメフクロウは、英語では「saw-whet owl」と呼ばれている。直訳すると「ノコギリ目立てフクロウ」で、砥石でノコギリの目立てをしているような声で鳴くからだという。北米のほとんどの地域の森林で見られるので、動画のようにコロラド州で見つかってもおかしくはないが、この幼鳥は路上で何をしていたのだろう?

「幼鳥にとって、世界はジャングルジムのようなものです」とティンチャー氏は言う。「森から出てきて、ぴょんぴょんと地面を歩き、低木や低い枝に飛び上がり、あちこち飛び移りながら高い枝に登っていくのです」

 このような行動をする幼鳥は車に轢かれやすい。ティンチャー氏は、もし路上で幼鳥を見かけたら、「写真を送ってください」と言う。地元の野生動物リハビリセンターに電話をかけて指示をあおいでもよい。怪我をしていなければ、やさしく追い払い、道端に移動させてもよい。

 幸い、動画のフクロウには何の対応も必要なかった。保安官をじっくり観察すると、どこかに飛んでいったそうだ。(参考記事:特集「レンズの向こうの愛しきフクロウ」)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/073100207/

ttps://archive.is/QIQMC

posted by BNJ at 12:14 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: