2015年08月04日

鹿児島)アオバズクの幼鳥 今年も愛らしい姿 沖永良部【朝日新聞デジタル2015年8月4日】

親鳥(左)のそばで寄りそう2羽の幼鳥=7月上旬、知名町瀬利覚、前利潔さん撮影

 沖永良部島・知名町瀬利覚にあるガジュマルの木に今年も、フクロウの仲間リュウキュウアオバズクの幼鳥が姿をみせた。親鳥のそばで愛らしく寄りそう姿を町職員の前利潔さん(55)が撮影した。

 十数年前から毎年、わき水「ジッキョヌホー」そばの木で子育てする姿がみられる。前利さんによると、今年は5月下旬に親鳥が山からふもとに下り、繁殖を始めたとみられる。

 フワフワした胸元が特徴の幼鳥は、7月6日に初めて確認された。前利さんは「今年の幼鳥のきょうだいは仲良しで、よくじゃれあっている」と話している。(外尾誠)
http://www.asahi.com/articles/ASH777DH2H77TLTB02L.html

ttps://archive.is/sTrl5

posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: