2015年08月21日

害鳥駆除隊、絶滅危惧種を誤って射殺 ニュージーランド【AFPBB News2015年8月21日】(タカへ)

ニュージーランドに生息する鳥「タカヘ」。Biosphoto提供。(c)Biosphoto/Mark Boulton
【8月21日 AFP】ニュージーランドの島で増えすぎた鳥の駆除を行っていた猟師らが、地球上に300羽しか生息が確認されていない絶滅危惧種の「タカヘ」4羽を誤って撃ち殺した。

自然保護局の21日の発表によれば、同国最大の都市オークランド(Auckland)に近い自然保護区のモトゥタプ(Motutapu)島で、地元の鹿猟師協会の「経験豊富な」猟師らが、増えすぎた鳥「プケコ」の駆除を行っていたという。自然保護局のアンドリュー・バウク(Andrew Baucke)長官はタカヘが死んだことについて「非常に残念だ」と述べた。猟師らは事前に、飛ぶことのできないタカヘとプケコの見分け方について詳細な説明も受けた上、鳥を撃つ際には羽を狙うよう指示されていたという。

現在確認されているタカヘの個体数は300羽で、そのうちの21羽がモトゥタプ島に生息している。一方、同島には攻撃的な性格のプケコが1000羽以上生息しており、絶滅危惧種のタカヘに対する脅威とされている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3057947

ttps://archive.is/u0zfq

posted by BNJ at 22:20 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: