2015年08月26日

珍しい渡り鳥飛来 台風ではぐれたか【NHKニュース2015年8月26日】(アカエリヒレアシシギ/沖縄/動画)

沖縄県内ではめったに見られない「アカエリヒレアシシギ」という珍しい渡り鳥1羽が宮古島市の池間島で確認され、地元の野鳥の会は、台風15号の影響で群れからはぐれて島に飛来したのではないかと話しています。
宮古野鳥の会によりますと、アカエリヒレアシシギは、北極海沿岸などで繁殖し、東南アジアなどの熱帯地域で冬を過ごして、春と秋に日本を通過する渡り鳥で、細くて長いくちばしが特徴です。
池間島の農道脇の水たまりには、長い足を持つ渡り鳥のセイタカシギに混じって、全長19センチメートルほどのアカエリヒレアシシギが水面をくるくる回りながら盛んに餌をついばむ姿が見られました。
宮古野鳥の会の仲地邦博会長は、「アカエリヒレアシシギは、沖合の洋上を群れで生活しているとされ、台風15号の影響で、群れからはぐれた1羽が池間島に飛来した可能性がある。宮古島では過去に4回しか飛来が確認されていない珍しい鳥です」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150826/k10010204921000.html

ttps://archive.is/RO4fY

posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: