2015年09月04日

(時時刻刻)天安門前、戦車とハト 中国・70年式典【朝日新聞デジタル2015年9月4日】

天安門前で行進する中国軍兵士=いずれも3日午前、北京、矢木隆晴撮影

 中国で3日、開かれた「中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年」の記念式典で、習近平(シーチンピン)指導部は大国としての力を誇示しつつ、脅威論の払拭(ふっしょく)を図ろうとした。しかし、国際社会の不信は根強く、国内も祝賀ムードに浸ってばかりはいられない現実がある。▼1面参照

 ■軍ハイテク化は加速/脅威論を意識「覇権唱えず」

 式典の幕開けを告げる70発の号砲が鳴り終わると、習国家主席は、来賓の各国首脳や共産党の新旧の指導者たちを従えるように天安門の壇上に立った。

 習氏は演説で、列強による侵略の歴史から中国を抜け出させた抗日戦争の意義を語り、「中国は永遠に覇権を唱えず、拡張も図らない」と、平和的な発展を目指す姿勢を強調。「中国は30万の兵力を削減する」と宣言すると、天安門広場で見守る約4万人の党、軍関係者、市民から大きな拍手がわき起こった。

 式典の最後には約7万羽のハトも放たれ、「反ファシズム戦争勝利」を記念した式典が「平和を守る決意」(習氏)を示すイベントであるというメッセージを強く演出した。

 ところが、パレードでは、空母に艦載される中国海軍の主力戦闘機「殲15」や大型の無人偵察機「BZK005」、米本土に攻撃可能な大陸間弾道ミサイル「DF(東風)5B」、陸軍主力戦車の「99A式」などを次々と披露した。

 軍事力を誇示しながら、宣言された兵員の大規模削減。その意義を北京の外交筋は「実質的な軍縮ではなく、軍の現代化を目指す中国軍の今のニーズを反映したにすぎない」と読み解く。

 中国軍は現代戦に適応するため「伝統的な陸軍重視から海空軍重視」(国防省)への転換を目指している。陸軍などの余剰兵力の削減は、むしろ長年の課題。1980年代以降、数十万単位の兵力削減を繰り返してきた。一方、国防予算は5年連続で2桁の伸び率を続け、「ハイテク装備の開発に注力する」(李克強(リーコーチアン)首相)動きを加速。この日のパレードで示したのは、まさにその成果だった。

 一方で、「平和発展」を強調した習氏の演説には、国際社会に広がる「脅威論」を無視できなくなっている中国の姿もにじむ。

 式典の演説で歴史認識問題を巡る日本への言及が影を潜めたのも、8月に安倍晋三首相が発表した戦後70年談話への一定の評価に加え、式典の「抗日」色が強まることへの欧米などの懸念への配慮もあったとみられる。

 だが、「周辺外交」など融和的なかけ声の一方で、領土や海洋権益を巡り、国際ルールを無視してなりふり構わず力の行使を続ける中国への反発は根強い。

 この日、パレードを見守る習氏の隣にはプーチン・ロシア大統領、さらに朴槿恵(パククネ)・韓国大統領が並んだ。

 ただ、この2人を除けば、首脳級の来賓は中ロの影響力が強い上海協力機構やアジア相互協力信頼醸成措置会議の関係国などが目立った。式典前は習氏と親しげに言葉を交わしていた朴氏も、パレードの最中は座ったままで、ぎこちなさも漂わせた。

 (北京=倉重奈苗、林望)

 ■大国強調、市民に温度差 式典連休、日本で爆買いの人も

 国際社会からの警戒を買いながらも軍事力を誇示するのは、国内統治を安定させるため、という面が大きい。

 急速な発展で世界第2の経済大国となった中国のかじ取りを担う習指導部は、13億の国民を束ねる新たな目標として「中華民族の偉大な復興」を掲げた。

 12年秋の発足直後から前例のない「反腐敗」の取り組みで党内外の支持を集めたものの、新鮮さは薄れ、「偉大な復興」という公約を目に見える形で示していく時期にさしかかっている。

 その柱が、領土や主権を守る国の力強い姿だ。パレードをテレビで見た庶民の多くは「祖国が強く、大きくなっているのを実感した」(河北省承徳市の26歳女性)と、好意的に受け止めた。

 ただ、その国内でも「やり過ぎ」の弊害が浮かぶ。

 天安門から北東へ65キロ。600人以上が働く国内ビール最大手、華潤雪花ビールの北京工場は1日、静まりかえっていた。8月下旬、当局に生産停止を命じられた。「減産で済むと思ったら全部ダメと言われた。稼働日が10日も減れば収入にも響くよ」。男性従業員は肩を落とす。

 パレード当日に青空を実現するだけのために、大気汚染の原因となりそうな工場は広範囲で停止を命じられた。7省・直轄市に及んだ措置は一部停止を含めると1万を超えた模様だ。

 政府幹部は「元々環境対策や作りすぎのため、止めるべき工場も多かった」(国家発展改革委員会の寧吉封寰蜚C)と突き放すが、車の量や建設工事まで激減させ、北京周辺の産業活動は一時、マヒに近い状態となった。8月に170人以上の死者・行方不明者を出した天津の大規模爆発事故に続いて、経済に追い打ちをかける。

 折しも、中国経済が減速する懸念で、世界は「中国ショック」とも呼ばれる株安に揺れる。軍事パレードに熱を上げる政府の姿勢に、市民も共感一色とは限らない。地方別の経済成長率が全国最低の遼寧省。省都・瀋陽に住む大学職員の40代男性は「こんなに不景気なのに、軍備やパレードにお金をかけていいのか」と首をかしげる。

 3日の東京・銀座では、式典のためにできた連休を使って訪れた中国人旅行客の姿が目立った。上海から婚約者と一緒に来た会社員男性(26)は「歴史は頭にあるし敏感な問題」と話しつつ、「買い物予定額は計200万円」と百貨店をめぐった。(斎藤徳彦、平賀拓哉=北京、奥田貫)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11946925.html

ttps://archive.is/gIryt

posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: