2015年09月04日

アオバト:有数の飛来地・神奈川県大磯 岩礁に命がけの姿【毎日新聞2015年9月4日】

岩場で海水を飲み、激しい波から逃げるアオバト=神奈川県大磯町の照ケ崎海岸で、丸山博撮影

【アオバト、命がけの姿を写真特集で】
 神奈川県大磯町の照ケ崎海岸で、アオバトの群れが次々に岩礁に舞い降り、激しい波をかわしながら命がけで海水を飲んでいる。

 大磯町役場によると、アオバトは毎年5月から10月ごろ、ねぐらの丹沢山地から飛来する。果実などを主食にしているため、海水から塩分を補っているとみられている。波にのまれて命を落とすこともある。同海岸は全国でも有数のアオバト飛来地として知られ、先月中旬以降、多い日は延べ4000羽以上が飛来。冬になると西日本に移動する。【丸山博】
http://mainichi.jp/select/news/20150904k0000e040173000c.html

ttps://archive.is/A9roi

タグ:アオバト
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: