2015年09月07日

羽毛恐竜展閉幕 入場者5万6139人【YOMIURI ONLINE2015年9月7日】(羽毛恐竜の世界展〜羽毛をもった恐竜と鳥類への進化〜)

 御船町恐竜博物館で開かれていた特別展「羽毛恐竜の世界展〜羽毛をもった恐竜と鳥類への進化〜」(御船町恐竜博物館、読売新聞社、KKTくまもと県民テレビ主催)が6日、閉幕した。7月18日からの期間中の入場者は5万6139人だった。

 最終日も多くの子ども連れでにぎわった。子どもたちは、ティラノサウルスの復元ロボット(全長9メートル)の前で写真を撮ったり、化石標本をのぞき込んだりして楽しんでいた。

 上天草市から両親と弟の4人で訪れた龍ヶ岳小4年、川端天寧あまねさん(9)は「ティラノサウルスのロボットが大きくて迫力があった。恐竜に興味がわいた」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20150906-OYTNT50037.html

ttps://archive.is/7fnfA

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: