2015年09月10日

オオソリハシシギ(大反嘴鷸) 渡り途中の干潟で【東京新聞探鳥2015年9月10日】

 千葉県船橋市のふなばし三番瀬海浜公園前の干潟で8月中旬、群れ飛ぶオオソリハシシギ。海辺の行楽客の間を飛ぶ光景が印象的。姿は夏羽から冬羽に移行中で秋の訪れを告げていた。
 干潟は今、秋の渡りのシギ・チドリ類でにぎわう。8月は成鳥で9月は幼鳥が多い。1万キロを超える渡り途中に、日本の干潟に立ち寄りエネルギーを補給。小さな体で長距離を飛ぶことに畏敬の念を抱く。全長39センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2015091002000158.html

ttps://archive.is/cQmCH

posted by BNJ at 12:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: