2015年09月16日

コハクチョウ:初飛来いつかな? 予想日募集 長浜・湖北野鳥センター /滋賀【毎日新聞2015年9月16日】(既報1ソース)

 遠いシベリアから湖北地域に飛来する渡り鳥・コハクチョウの初飛来日を当てる「コハクチョウ飛来予想クイズ」を湖北野鳥センター(長浜市湖北町)が今年も実施する。現在、応募を受け付けている。

 子育てを終えたコハクチョウは毎年10月中旬ごろから次々と湖北地域に飛来。琵琶湖上や早崎内湖ビオトープなどで数百羽が越冬し、羽を休める優美な姿が地元の人や野鳥愛好家の人気を集めている。過去5年の初飛来日はいずれも10月で、12日(2014年)▽15日(13年)▽9日(12年)▽11日(11年)▽13日(10年)。

 応募は初飛来日の前日まで。予想日、氏名、連絡先を明記し、はがき(〒529−0365 長浜市湖北町今西 湖北野鳥センター)▽ファクス(0749・79・8022)▽メール(nio@mx.biwa.ne.jp)で送る。はがきは飛来日前日までの消印有効。正解者には抽選で「道の駅湖北みずどりステーション」の商品券などが当たる。問い合わせは湖北野鳥センター(0749・79・1289)。【桑田潔】
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20150916ddlk25040495000c.html

コハクチョウ飛来いつ?湖北野鳥センター【YOMIURI ONLINE2015年9月15日】
 湖北野鳥センター(長浜市)は、コハクチョウが越冬のために琵琶湖に初飛来する日を当てるクイズを実施している。

 コハクチョウは、シベリアで繁殖期を過ごした後、約1か月かけて日本各地などに渡ってくる。

 湖北地域では例年、10月中旬に姿を現し、約500羽が翌年3月頃まで過ごす。

 過去5年の初飛来の日は、2010年10月13日、11年10月11日、12年10月9日、13年10月15日、14年10月12日だった。

 応募の締め切りは、初飛来日の前日。正解者には地元の道の駅「湖北みずどりステーション」の商品券などを贈る(多数の場合は抽選)。

 湖北野鳥センター(〒529・0365長浜市湖北町今西、0749・79・1289)へ郵送するか、ファクス(0749・79・8022)、メール(nio@mx.biwa.ne.jp)で応募する。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20150914-OYTNT50168.html

ttps://archive.is/ysGLC
ttps://archive.is/zYQMa

posted by BNJ at 22:41 | Comment(3) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コハクチョウの初飛来日は

    10月10日 です。
Posted by 田中三邦 at 2015年09月24日 11:30
Posted by 田中三邦 at 2015年10月02日 10:08
コメントありがとうございます。
ご返信遅くなり大変申し訳ありません。
既報の通りマガン、ハクチョウ等各地に飛来しております。
琵琶湖につきましても報道があり次第お伝えしたいと思います。
飛来クイズですが、上記記載の湖北野鳥センターへ応募されましたでしょうか?
郵送、ファックス、電子メールで、飛来日前日まで応募が可能なようです。
ご質問等ございましたら上記問い合わせ先か、当ブログでもかまいませんのでお尋ねください。
Posted by BirdNewsJapan管理人 at 2015年10月02日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: