2015年09月20日

カラスの被害に悩む畜産農家【デーリー東北2015年9月20日】

カラスを狙うハンター=19日、東北町

 東北町の畜産農家が、カラスによる牛への被害に悩まされている。牛舎を荒らされるほか、近年はくちばしでつつかれた牛が死んだり、傷ついたりするケースも。被害を食い止めるため、東北町猟友会(沼辺博会長)は19日、今年初の大規模な有害駆除を展開した。しかし、カラスは一時的に近づかなくなるものの、すぐに舞い戻るため、いたちごっこ≠フ状態が続いているのが現状。ほぼ手弁当で活動するハンターからは「長引くと経費がかさむ」との声も上がる。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20150920/201509190P094700.html

ttps://archive.is/Tm1yd

posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: