2015年09月20日

【編集日誌】東日本豪雨災害に重なる記憶 コウノトリに託した願い【産経WEST2015年9月20日】

円山川が決壊し、水没した街=平成16年10月21日
 テーブルやソファなど家財道具が粗大ゴミと化して道路脇に積み上げられていた。車が走り去ると、乾いた泥が砂ぼこりとなって舞い上がり、目やのどを刺激した…。

 11年前の平成16年10月、台風23号による水害に見舞われた兵庫県豊岡市に応援取材で駆けつけた。円山川が決壊、周辺の住宅は流されたりして町は水没したが、当時の光景は今月10日に発生した東日本豪雨災害の被災地と重なる。

 「復旧など考えられないほどの被害だった」と当時の住民は語った。豊岡では翌年9月、コウノトリが野生復帰へ世界で初めて放鳥されたが、大空を羽ばたく姿に町の再興の願いを託した人は少なくなかった。

 豊岡を振り返れば、東日本の被災地の復興も相当な困難が伴うだろう。長期的な支援が必要なのは言うまでもない。(地方部長 徳永潔)
http://www.sankei.com/west/news/150920/wst1509200045-n1.html

ttps://archive.is/tzrR8

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: