2015年09月17日

「ハチクマ」の渡り始まる 長崎・五島市 [長崎県]【西日本新聞2015年9月17日】

五島市玉之浦町の上空を舞うハチクマの幼鳥

 長崎県五島市玉之浦町の大瀬山で、越冬のために南下する大型のタカ、ハチクマの渡りが始まった。
 ハチクマは成鳥で体長約60センチ、広げた翼の幅は約130センチ。ハチの幼虫を餌としていることが名前の由来とされる。夏場は北海道や本州各地に生息し、9月中旬ごろから10月上旬ごろにかけて、九州北部を経由して、中国大陸や東南アジア方面に向かう。
 大瀬山は国内の渡りルートの最終中継点として、全国の愛鳥家たちに人気。翼を広げて優雅に舞うタカの姿は17日にパ・リーグ連覇を決めた、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの若鷹(わかたか)たちが飛躍する姿とダブって見える。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/195856

ttps://archive.is/CHzd9

タグ:ハチクマ
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: