2015年09月24日

オオヒシクイ、琵琶湖に飛来 国の天然記念物、今季初【京都新聞2015年9月24日】(他3ソース)

今季、琵琶湖に初飛来したオオヒシクイ(長浜市湖北町今西、湖北野鳥センター提供)
 国の天然記念物で渡り鳥のオオヒシクイが23日、滋賀県長浜市湖北町今西の湖北野鳥センター前の琵琶湖に今季、初飛来した。

 同日午前7時ごろ、同センター職員が2羽の飛来を確認した。昨年より4日早い飛来となった。

 オオヒシクイはカモ科でガンの仲間。大きさは羽を広げると約1・6メートルで、体重は約5キロ。カムチャツカ半島で繁殖し、琵琶湖に渡って来る。近年は日本全体で約9千羽しか飛来せず、湖北地域が国内南限の越冬地とされる。琵琶湖ではピークの1〜2月に300〜500羽になる。

 同センター専門員の池田昇平さん(24)は「風物詩のオオヒシクイの飛来は、冬の訪れを感じさせる。これからはコハクチョウやオオワシもやって来ます」と話している。
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150924000094

オオヒシクイ初飛来 湖北で昨年より4日早く【中日新聞2015年9月24日】
今季初飛来し、浅瀬で羽を休める2羽のオオヒシクイ=長浜市湖北町で
写真
 長浜市湖北町の琵琶湖岸で二十三日、国の天然記念物オオヒシクイの今季初飛来が確認された。昨年より四日早い。

 オオヒシクイはガンの仲間で翼を広げると一・六メートル、体重五キロほど。くちばしの先や足がオレンジ色なのが特徴。数千キロ離れたロシアのカムチャツカ半島から越冬のため、毎年琵琶湖へ三百羽以上が渡ってくる。

 この日は飛来した二羽が浅瀬で昼寝をしたり、羽繕いをするなど旅の疲れを癒やしていた。

 岐阜県羽島市の会社員太田和義さん(50)は「長い距離をよく渡ってきたなと感心します。来た日に見られてラッキーです」とカメラを手に笑顔だった。

 湖北野鳥センターによると、オオヒシクイは夕方から朝にかけて活動するため、午前中の観察がおすすめ。二月末まで見られるという。

 (中村千春)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20150924/CK2015092402000012.html

オオヒシクイ:初飛来 春まで羽休め 長浜 /滋賀【毎日新聞2015年9月24日】
小島に舞い降りた2羽のオオヒシクイ(右下)=滋賀県長浜市湖北町の湖岸から撮影
 国の天然記念物に指定されている冬の渡り鳥「オオヒシクイ」が23日、長浜市湖北町の琵琶湖に初飛来した。同日朝、湖北野鳥センター(湖北町今西)の職員が小島で寄り添いながら羽を休める2羽を確認した。「初雁(はつかり)」が、湖国に秋の深まりを告げている。

 オオヒシクイは体重約5キロ、体長約85センチ、羽を広げた長さは約1.6メートル。環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。

 日本には2500〜3000キロ離れたロシア・カムチャツカ半島から毎秋、約9000羽が飛来。このうち飛来の南限地とされる湖北地域では300〜500羽が琵琶湖や周辺の池などで越冬する。【桑田潔】
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20150924ddlk25040316000c.html

オオヒシクイ、ペアで長浜の琵琶湖岸に初飛来【YOMIURI ONLINE2015年9月24日】
今季初飛来が確認されたオオヒシクイ(湖北野鳥センター提供)
 滋賀県長浜市湖北町今西の湖北野鳥センター前の琵琶湖岸に23日、国の天然記念物に指定されている渡り鳥のオオヒシクイ2羽が今シーズン、初めて飛来した。初飛来の確認は昨年より4日早い。

 ガンの仲間で体長約90センチ、体重約5キロ、翼を広げた時の長さは約1・6メートルにもなる。繁殖地のロシア・カムチャツカ半島周辺から越冬のため日本に渡る。長浜市の琵琶湖岸は国内最南限の越冬地とされ、毎年300〜500羽が飛来し、来年2月下旬まで見られるという。

 センター職員がこの日午前7時頃、羽を休める成鳥2羽を確認した。大群はクリスマスの頃に飛来する。担当者は「ペアだと思われる。湖北の秋の深まりを告げる渡り鳥をぜひ見に来てほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/life/animal/anews/20150924-OYT8T50138.html

ttps://archive.is/YMOev
ttps://archive.is/42MiF
ttps://archive.is/Vl574
ttps://archive.is/MH4Ya

posted by BNJ at 22:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: