2015年09月25日

「爪の長い動物」チャンピオンは?ヒント:ネコ科の動物とは限らない【ナショナルジオグラフィック日本版2015年9月25日】(ヒクイドリほか)

オーストラリアのクイーンズランド州で、好物のゴウシュウビャクダンの実を食べる雄のヒクイドリ。空を飛ぶことはできないが、長く鋭い爪をもつ。(PHOTOGRAPH BY CHRISTIAN ZIEGLER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 動物の爪の長さについてのデータはあまり存在しない。とりわけ、短い爪となると難しい。では、長い爪をもつ動物たちはどうだろう? たとえば、体長90センチのオオアルマジロだと、一番長い爪は20センチ近くある。

 つまり、爪の長さが体長の22%もあるということだ。この比率は、現生の動物ではおそらく最大だろうと、国際自然保護連合(IUCN)アリクイ・ナマケモノ・アルマジロ専門家グループのマリエラ・スペリナ委員長は、メールでのインタビューに回答した。

 身長163センチの筆者にオオアルマジロと同じ比率をあてはめると、爪は30センチ以上にもなる。オオアルマジロがキーボードを使わないのは無理もない。

 南米原産のオオアルマジロは、その長い爪を使って土を掘り返し、獲物を探す。「決して獰猛な生き物ではありませんが、危険を感じれば、前足の爪を使って身を守ろうとするでしょう」とスぺリナ氏は言う。(参考記事:「大きな爪、オオアルマジロ調査」)

爪で土を掘り、木にぶら下がり、身を守る

 アルマジロは、アリクイやナマケモノと同じ異節上目に分類される。米国の首都ワシントンにあるスミソニアン国立動物園のドン・ムーア副園長によると、このグループにはアメリカ大陸の熱帯地方に生息し、虫を食べ、大きな爪をもつ動物が含まれる。


空気中のにおいをかぐ雌のオオアルマジロ。2011年、ブラジルのパンタナールにて。(PHOTOGRAPH BY NATURE PICTURE LIBRARY, ALAMY)

 穏やかな性質のミツユビナマケモノは、熱帯雨林の木に爪を使ってぶら下がる。その爪の長さは10センチほど。体長58センチに対してその割合は約17%になる。(参考記事:「コウモリやナマケモノはなぜ逆さまでも平気なのか」)

 ミツユビナマケモノよりも大きいフタユビナマケモノの体長は約70センチ、爪の長さはその14%ほどだ。(参考記事:「ナマケモノは交尾もゆっくり?」)


木からぶら下がるノドチャミツユビナマケモノ。パナマにて。(PHOTOGRAPH BY NORBERT WU, MINDEN/NATIONAL GEOGRAPHIC)

 ムーア氏によると、10センチもの爪をもつオオアリクイは、歩くときに爪が邪魔にならないように指を丸めて、こぶしで歩くという。
 かなり歩きにくそうだが、それはともかく、歯のないアリクイにとって、爪は身を守るための重要な武器となる。時には獰猛なジャガーに出くわすこともあるのだ。(参考記事:「動物大図鑑 オオアリクイ」)

 星の形をした大きな鼻が特徴的なホシバナモグラは、異節上目の仲間ではないが、興味深い動物なので触れておきたい。半地下生活をする哺乳類で、鼻以外にもうひとつ特徴的なのが、モグラの中で最大と言われる爪である。


【動画】鼻の先に放射状に広がった触手をもつホシバナモグラは、極めて鋭い感覚をもつ。暗い地中でも素早く獲物を見つけて仕留める、凄腕のハンターだ。(解説は英語です)

 ムーア氏によると、ホシバナモグラの爪の長さは体長の16分の1、つまり6.5%である。(参考記事:「動物たちの奇妙な手:モグラ」)

鳥のチャンピオンは?

 鳥の世界では、中南米に分布するオウギワシが10センチのかぎ爪をもち、最長候補に入るだろうと、ティートン猛禽類センターのブライアン・ベドロシアン氏は言う。

 また、13センチ近い爪をもつオーストラリアのヒクイドリも、できれば近寄りたくない鳥だ。(参考記事:「太古の森にすむ巨鳥 ヒクイドリ」)


ロサンゼルス動物園のオウギワシ。自慢の爪を披露する。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 なお、最小の爪をもつ鳥の候補として、ベドロシアン氏はスズメフクロウとサボテンフクロウを推している。体が小さいので当然と言えば当然だろう。

 ちなみに、筆者も爪はほとんど伸ばしていない。

文=Liz Langley/訳=ルーバー荒井ハンナ
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091600260/

ttps://archive.is/qNTFo

posted by BNJ at 12:17 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: