2015年09月25日

石垣島に続々渡り鳥が飛来 国内数例のカタグロトビも【沖縄タイムスプラス2015年9月25日】(カタグロトビ/イワミセキレイ/ハシブトアジサシ/ヤツガシラ他)

石垣島に飛来した国内記録が数例しかない迷鳥カタグロトビ=14日、石垣市内(小林雅裕さん撮影)
飛来が確認されたイワミセキレイ=3日

湿地を歩く第1回冬羽のハシブトアジサシ=石垣市内

木の枝に止まるヤツガシラ=5日、石垣市内

 【石垣】9月に入り、石垣島に多くの渡り鳥が飛来している。水田にはセイタカシギ、タカブシギ、ヒバリシギや、ツメナガセキレイ、シマアカモズが渡りの途中に立ち寄っている。

 「石垣島フィールドガイドSeaBeans」の小林雅裕さん(40)は3日にイワミセキレイを観察、その後に複数羽の渡来を確認した。5日にはヤツガシラとハシブトアジサシ第1回冬羽。ハシブトアジサシは春によく渡来するが、第1回冬羽は珍しく、初観察。

 11日にはブッポウソウ、14日には国内記録が数例しかない珍しいカタグロトビを観察した。

 小林さんは「真っ白なタカが電柱に止まっていてすぐにカタグロトビだと思わなかった。すぐに飛び去ってしまったが、貴重な出会いになった」と喜んだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134280

ttps://archive.is/zANEq

posted by BNJ at 23:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: