2015年09月28日

熊本)江津湖の生物22種類みつけた 親子環境探検隊【朝日新聞デジタル2015年9月28日】(野鳥観察)

小川に入って生き物を探す子どもたち=熊本市中央区
 熊本市中央区の上江津湖の湧水(ゆうすい)地の生き物を観察して地域の環境を知ってもらおうと、市環境総合センターは27日、イベント「親子環境探検隊」を開いた。11組32人の親子が参加した。

 親子たちは職員から生き物の採取方法について説明を受けた後、網とバケツを手に江津湖に流れ込む小川へ。子どもたちは網に入った生き物を見つけ、「なんかいる!」「見つけたぞ!」「エビだ!」と大喜びだった。拡大鏡で観察すると、ミナミヌマエビやシロタニガワカゲロウ、サワガニなど22種類の生物が見つかった。

 熊本市東区長嶺東1丁目の会社員岩下泰治さん(40)は、長男の航大君(7)と参加。「こういう時の子どもの笑顔は、最高に輝いていますね」と話していた。

 2002年度から続いており、10月には金峰山で動植物の観察が、また来年3月には江津湖で野鳥の観察が予定されている。(奥正光)
http://www.asahi.com/articles/ASH9W444BH9WTLVB00B.html

ttps://archive.is/Xmv5G

posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: