2015年10月25日

ケッコーな見応えです! 展示会「鶏づくし」【日本農業新聞e農ネット2015年10月25日】(展示会「鶏(とり)づくし」)

 東京都文京区の同区教育センターで、世界各地のニワトリの剥製を並べた展示会「鶏(とり)づくし」が開かれている。同区にある東京大学総合研究博物館が収蔵する約60種、150羽の剥製で、生きているような姿のものが多い。

 「鶏づくし」の名の通り、貴重なニワトリが数多く並ぶ。ニワトリの原種とされ、東南アジアに生息する「セキショクヤケイ」もいる。平安時代から伝わる品種の「小国」、体が真っ黒なチャボ「真黒」、足の太さが人の手首ほどあるベトナムの品種「ドンタオ」など、普段は見ることがない珍しいニワトリを間近で見ることができる。

千葉県流山市から見学に訪れた伊東友子さん(33)は「種類の多さに驚いた。見たことがないニワトリばかり」と見入っていた。公開は11月14日まで。無料で見学できる。(山田晃太郎)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=35133

東京)世界のニワトリ、色とりどり60種 剥製を公開【朝日新聞デジタル2015年9月28日】
ニワトリにつぐニワトリ=文京区教育センター
 世界各地の60種約150羽のニワトリの剝製(はくせい)がずらり――。そんな展示会「鶏(とり)づくし」が、文京区湯島4丁目の区教育センターで開かれている。東京大学総合研究博物館が収蔵する世界的にも珍しい剝製コレクションを一挙に公開した。

 文京区が2012年から同博物館と始めた大学連携事業の一環だ。今回は、動物の解剖や進化史を専門とする遠藤秀紀教授が企画。人とニワトリの関係を探るため世界中から集めた剝製約250点の中から150点を紹介した。これだけの数が一気に披露されるのは初めてという。

 遠藤さんによると、ニワトリは4千年前のインダス文明のころには人に飼われていた。日本では平安時代の文学に時を告げる鳥として登場。闘わせる「闘鶏」も盛んだったようだ。

 「ニワトリは卵を産むし肉もうまい。抱いて運べ、どこでも簡単に飼える。声や姿も美しい。単なる家畜というより、人に愛され、人の生活や精神世界に入り込んだ人類のパートナーといえる」と遠藤さんは言う。現在は世界に約160億羽。日本では1人平均年間10キロ以上の鶏肉を食べているという。

 小柄なチャボ、肉をとるため大型化させたジャージージャイアント、尾の美しいオナガドリ、烏骨鶏(うこっけい)、原種の赤色野鶏など、色も大きさもさまざまなニワトリが一斉に同じ方向を向いて並んださまは圧巻。遠藤さんが映像で解説するビデオも3カ所に3種類ある。

 10月17日まで(日曜祝日休館)。無料。詳しくは区教育センター(03・5800・2591)。(斎藤智子)
http://www.asahi.com/articles/ASH9L75L7H9LUTIL09F.html

ttps://archive.is/BPN88
ttps://archive.is/YQnYm

posted by BNJ at 23:50 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: