2015年09月22日

敬老の日:高齢ペンギン2羽、推定65歳 「おめでとう」子どもたちが長寿祝う 宇都宮動物園 /栃木【毎日新聞2015年9月22日】(マゼランペンギン)

元気に水中を泳ぐシリュウ(手前)とシンプル=宇都宮市上金井町の宇都宮動物園で

 21日は敬老の日。宇都宮動物園(宇都宮市上金井町)ではペンギンの「シリュウ」と「シンプル」の長寿を祝うイベントが開かれた。飼育員手作りのケーキがプレゼントされ、集まった子どもたちがお祝いのダンスを披露。代表の6人が展示室の中に入り、「敬老の日おめでとう」と言いながら餌の魚をあげていた。

 オスのシリュウとメスのシンプルはアルゼンチンやチリ付近の海に生息するマゼランペンギン。2羽の正確な年齢は不明だが、23年前に同園に来た時点では成鳥の姿だったという。飼育員の有馬晶子さん(32)によると、ペンギンの寿命は飼育下で約30年、野生では約20年で、2羽は人間の年齢に換算すると65歳ぐらい。視力が弱るなど少しの衰えは見られるものの、食欲も旺盛で健康状態は良好だという。

 福島県白河市から家族で訪れた白河第三小2年の安倍さくらちゃん(7)は「ペンギンが大好きなのでお祝いしたいと思って来ました。餌をあげることができて楽しかった」と満足そうに話した。【田中友梨】

 ◇県内最高齢110歳 100歳以上は1088人

 県高齢対策課によると、県内最高齢は宇都宮市の斉藤カメさんで110歳。2015年度末までに100歳以上になる高齢者は今月1日現在で1088人(男性143人、女性945人)で、初めて1000人を超えた昨年度(1032人)を56人上回った。
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20150922ddlk09040002000c.html

ttps://archive.is/f5uye

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: