2015年09月29日

NZ、海洋保護区創設へ 62万平方キロ 仏国土に匹敵する広さ【AFPBB News2015年9月29日】(海鳥/ケルマディック海洋保護区)

ニュージーランド・ケルマディック諸島沖で撮影されたサドルテールグルーパー(撮影日不明、2015年9月29日提供、資料写真)。(c)AFP/NATIONAL INSTITUTE OF WATER AND ATMOSPHERIC RESEARCH/MALCOLM FRANCIS
【9月29日 AFP】ニュージーランド政府は28日、世界で最も自然のままの姿で残っている海洋環境を守るため、フランスの国土面積に匹敵する海洋保護区を南太平洋に創設する計画を発表した。

 米ニューヨーク(New York)の国連本部で計画を発表したジョン・キー(John Key)首相は、同国北東岸の約1000キロ沖に創設されるケルマディック海洋保護区(Kermadec Ocean Sanctuary)の面積は62万平方キロに及ぶと述べた。

 キー首相によれば、ケルマディック海域には、クジラやイルカ、海鳥、絶滅の危機に瀕しているウミガメなど、貴重な種が多数生息しているという。キー首相はさらに、同海域は世界で最も地理的、地質学的な多様性が高く、世界で最も長い海底火山弧、2番目に深い海溝があると説明した。

 新種の海洋生物がたびたび発見されているこの海域が海洋保護区に指定されると、保護区内での漁業や鉱物採掘が禁止される。

 環境保護団体は、現在、350万平方キロ以上の太平洋(Pacific Ocean)の海洋保護区が拡大されることになるとして、ニュージーランド政府の発表を歓迎した。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3061604

ttps://archive.is/dRlbm

posted by BNJ at 20:52 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: