2015年10月05日

(教えて)海を漂流するごみが問題になっているの?【朝日新聞デジタル2015年10月5日】(海鳥)

海岸の漂着ごみを回収する活動=山口県
 ■半数は生活から出たごみ。生態系への影響も心配されているよ。

 Q 海の漂流ごみが問題だと聞いたけど。

 A 環境省の調査では、全国の海岸に漂着したごみは、流木などの自然物も含めて2013年度に31万〜58万トンにものぼると推計されているんだ。船の航行や漁業のじゃまになったり、海岸や浜辺を汚してログイン前の続き観光に影響を及ぼしたりする。また、ごみを集めて運ぶのに税金がかかるので、処理施設のない離島では負担が特に重くなるおそれがあるよ。

 Q どこから来るの?

 A 漁具や船からのごみなど海に直接捨てられたものもあるけれど、半数は私たちの生活から出たごみだ。ポイ捨てされたり、野外に放置されたりしたごみが雨や風で川に入り、海に流れ込んでいる。ペットボトルのラベルなどで発生国を見ると、日本海側や九州・沖縄では韓国、中国など海外から来たものが多いけれど、太平洋側や瀬戸内海では国内の方が多いんだ。

 Q 気をつけないといけないね。

 A 最近、特に問題となっているのはプラスチックごみ。プラスチックは軽くて耐久性が高いのが特徴だけど、数百年以上も自然界に残る。紫外線や波、温度差などで細かく砕けて破片になると回収も難しくなるんだ。大きさ5ミリ以下のものはマイクロプラスチックと呼ばれ、ここ数年世界中の海で見つかったという論文が発表されている。「海がプラスチックのスープになっている」などと関心が高まっているんだ。

 Q どんな影響があるの?

 A 微小プラは、ポリ塩化ビフェニール(PCB)などの有害物質を吸着しやすい。魚や海鳥が間違って食べてしまう例も相次いでいるよ。海の生態系への影響が心配されているうえに、食物連鎖を通して有害物質が次から次に蓄積される恐れもあるんだ。

 Q 対策はないの?

 A 国際的にも危機感は高まっている。6月の主要7カ国首脳会議(G7サミット)でも対策の検討が首脳宣言に盛り込まれた。米国には、化粧品や歯磨き粉の研磨剤に使われる「マイクロビーズ」と呼ばれる粒を使うのを禁止した州もあるよ。まず、使い捨てにするプラスチックをできるだけ減らして、リサイクルを徹底することが必要だね。(香取啓介)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12001154.html

ttps://archive.is/PB20m

posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: