2015年10月08日

琵琶湖岸にコハクチョウ初飛来 観測史上最速【中日新聞2015年10月8日】(他3ソース)

今季初飛来したコハクチョウ=長浜市湖北町で

 冬の渡り鳥コハクチョウが七日、長浜市湖北町の琵琶湖岸に今季初飛来した。午前八時ごろに湖北野鳥センターの職員が確認。昨年より五日早く、一九八二年に観測を始めて以来最速となる。

 この日、飛来した一羽が羽繕いをしたり、水浴びしたりとゆったりと過ごしていた。大阪府豊中市の会社員橋本公二さん(53)は「冬はまだだと思っていたけどもうすぐなんですね」と話していた。

 コハクチョウ飛来のピークは来年の一月中旬〜二月上旬で五百羽ほどがシベリアから越冬にやってくる。三月上旬まで見られるという。

 (中村千春)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20151008/CK2015100802000026.html

滋賀)琵琶湖に冬の使者 コハクチョウ飛来【朝日新聞デジタル2015年10月8日】
初飛来し、琵琶湖に浮かぶコハクチョウ=長浜市、湖北野鳥センター提供

 シベリアからの冬の使者・コハクチョウが7日、長浜市の琵琶湖に飛来した。湖北野鳥センター(湖北町今西)職員が、同日午前8時ごろ、同町延勝寺の湖岸で、1羽がカモの群れと浮かんでいるのを確認した。昨年より5日早く、記録がある1982年以降、最も早い確認。北西の風が強く吹き、コハクチョウは流されないように、風上へ向かって懸命に泳いでいた。
http://www.asahi.com/articles/ASHB73VW7HB7PTJB00F.html

今年はお早いお着き【YOMIURI ONLINE2015年10月8日】
今年初めて姿を見せたコハクチョウ(長浜市で、湖北野鳥センター提供)
 長浜市湖北町、湖北野鳥センター前の琵琶湖で7日、今シーズン初めてとなるコハクチョウの飛来が確認された。昨年より5日早く、観察を始めた1982年以降では最も早い飛来。

 同日午前8時頃、成鳥1羽が湖岸でカモの群れと一緒に浮かんでいるのを、センター職員が見つけた。午後になるとセンター前まで飛んでくるなど元気な様子を見せているという。

 コハクチョウはカモ科の鳥で、成鳥は羽を広げると1.8メートルにもなる。毎年、10月中旬に越冬のためシベリアから飛来し、3月ごろまで400〜600羽が琵琶湖で過ごす。12月になると数百羽単位で観察できるという。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20151007-OYTNT50325.html

冬の使者コハクチョウ、湖国に 滋賀【産経ニュース2015年10月8日】
 湖国に冬の訪れを告げる渡り鳥、コハクチョウが7日、長浜市湖北町延勝寺の湖岸に初飛来した。昨年より5日早く、湖北野鳥センターが観測を始めた昭和57年以来最も早くなった。

 例年、初飛来は家族連れかつがいだが、今年は1羽のみ。ロシア・シベリアからの長旅を終え、秋晴れの下で羽根を休めている。

 飛来のピークは来年1月から2月ごろで、例年約500羽が越冬する。同野鳥センターは「1羽だけ迷って早く来たのかも」と話している。
http://www.sankei.com/region/news/151008/rgn1510080039-n1.html

ttps://archive.is/1PAWc
ttps://archive.is/vDzok
ttps://archive.is/aaS1K
ttps://archive.is/0ucQ9

posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: