2015年10月22日

東京)浅草の動物カフェ、外国人観光客に人気【朝日新聞デジタル2015年10月22日】

ウサギを抱いて記念撮影する外国人客(右)。日本の友人と来店した=台東区

 「うさぎカフェ」に「鳥カフェ」。動物と触れ合える浅草のカフェが人気だ。インターネットや口コミで広まり、店を目当てに浅草にやって来る外国人観光客も多いとか。動物たちと来店客に会いに行った。

 東武浅草駅の北改札口近く。5階建てビルの1階入り口に英語で店名が書かれた看板がある「ウィズ・バニー 浅草店」。

 「人懐こくて、かわいいね」。観光で来日したオーストラリア人の大学職員、マイケル・シージールスキーさん(26)はウサギにほおずりしながら目を細めた。「ウサギを抱けるなんて驚いたけど、とても楽しいよ」。日本の友人の紹介で店を訪れたという。

 ログイン前の続きウサギを抱いて記念写真を撮っていたポーランド人の大学生、ユリア・ベルナルドさん(21)は「インターネットで見つけた。ポーランドではこんな体験できません」。動物が大好きという。

 2013年7月に開店。1〜5階の全フロア(各約20平方メートル)と屋上が店舗で、3階の展示スペースでは8種計26匹がケージに1匹ずつ入れられている。どのウサギもおとなしく、甘えるように手をなめてくる。

 店の売りはウサギとの触れ合いだ。抱っこ、写真撮影、餌やりがセットの基本プランは3千円。個室でウサギと遊べる飲み物付きのオプションもある。多い日は約200人が来店するという。

 外国人客の割合は、開店当初の約3割から、昨年は約7割、今年は約9割に。「ウサギは野生の動物。なついて触れるなんて信じられない」と話す外国人客も多いという。川岡智之社長(26)は「ここまで増えるとは予想外で、驚いています」と話す。店頭看板の表示を「うさぎカフェ」から「バニーズ・テーマ・パーク」に変えると、一気に外国人客が増えたという。

 「友人のフェイスブックで見た」「ホテルで他の外国人に勧められた」……。来店のきっかけはインターネットや口コミ情報がほとんどだ。オーストラリア人が最も多く、カナダや北欧、シンガポールなどからも来るという。

 つくばエクスプレス浅草駅近くの「鳥のいるカフェ 浅草店」は昨年3月にオープンした。約20坪の店内には、フクロウやインコ、タカなど約40種、計約100羽の鳥がいる。「カフェ」だが飲み物はペットボトルの販売のみ。1時間1500円で「鳥と触れ合える」がコンセプトだ。

 オーナーの明渡隆祐さん(37)によると、3年前に開いた木場店(江東区)が外国のテレビ番組で紹介され、フェイスブックでも話題に。外国人の予想外の好反応を見て、外国人観光客の多い浅草に2店目をオープンしたという。観光ガイドやホテルの紹介で来る客も多く、外国人客の割合は3〜4割を占める。明渡さんは「開店以来、客足は順調です」と話した。

     ◇

 各店の詳細はウェブサイトで。「ウィズ・バニー 浅草店」(台東区花川戸1)はhttp://www.usagi-cafe.info/別ウインドウで開きます、「鳥のいるカフェ 浅草店」(台東区浅草1)はhttp://www.toricafe.co.jp別ウインドウで開きます。(斉藤純江)
http://www.asahi.com/articles/ASHBH4CLJHBHUTIL01W.html

ttps://archive.is/ysdzx

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: