2015年10月24日

カラス対策で弘大医屋上にテグス新設【陸奥新報2015年10月24日】

 中心街のカラス対策として、高層建築物へのテグスの設置を進めてきた弘前市は23日、弘前大学大学院医学研究科と医学部臨床研究棟の屋上に新たにテグスを設置した。羽が傷付くことを恐れたカラスの接近の頻度が減り、ふんなどによる被害が軽減するものと期待される。
 23日は市職員や市カラス対策連絡協議会委員ら約30人が、地上24メートルの医学研究科屋上に集合。一同は建物北側と南側の手すり約180メートルに沿って、ナイロン素材のテグスを張った後、臨床研究棟の屋上約100メートルにも設置した。
【写真説明】弘前大学大学院医学研究科の屋上に、カラス対策のテグスを設置する関係者
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2015/10/38582.html

ttps://archive.is/dT0R5
岐阜 黒ワイヤ使い柿泥棒撃退 大野でカラス防止実験【中日新聞2015年9月16日】
[鳥獣害と闘う] 黒テグス カラス撃退 福岡県の古野さん【日本農業新聞e農ネット2015年6月16日】

posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: