2015年11月14日

国内最大級のダイサギ飛来 函館・亀田川【どうしんウェブ2015年11月14日】

函館市街地を流れる亀田川に姿を見せたダイサギ=13日午後0時30分、函館市上新川町(岩崎勝撮影)
 【函館】国内最大級のサギで、長い首が特徴のダイサギが13日、函館市中心部を流れる亀田川に飛来した。スラリとした首に真っ白な羽毛が、道行く市民の注目を集めた。

 市内上新川町の昭和橋付近では、全長約90センチの2羽が水面に下り立ち、羽を休めたり、翼を広げて付近を飛んだりしていた。

 野鳥に詳しい市立函館博物館の佐藤理夫学芸員によると、ダイサギは越冬のため、ユーラシア大陸から国内に飛来する。「道南の河川では、ここ5、6年でよく見られるようになり、久根別川や常磐川、大野平野の農業用水でも確認されている」と話している。(本庄彩芳)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0202031.html

ttps://archive.is/3zGNW

タグ:ダイサギ
posted by BNJ at 23:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: