2015年11月25日

小鳥の超高速タップダンス、健康の指標にも?ハイスピードカメラが初めてとらえた驚異の求愛ダンスを解析【ナショナルジオグラフィック日本版2015年11月25日】(既報3ソース)

超高速タップダンスの撮影に成功したルリガシラセイキチョウの近縁種であるセイキチョウ。(撮影:太田菜央)

 こんな求愛ダンス、見たことない! アフリカに生息する小鳥ルリガシラセイキチョウ (学名:Uraeginthus cyanocephalus)が、異性にアピールするためにタップダンスを踊ることが最新の研究で明らかになった。

 青とベージュの色合いが美しいこの鳥は、オスがはねたり、さえずったりして求愛行動を示すことは以前から知られていた。近縁種のセイキチョウとフナシセイキチョウのオスも同様の行動をとる。しかしこのほど、人間がこれまで知らなかった行動がハイスピードカメラによる撮影で明らかになった。ルリガシラセイキチョウは、オスとメスの両方がタップダンスを踊るのだ。(参考記事:「一番派手な極楽鳥の魅惑のダンス」、「恋するワニの水中ダンス」)

 論文の共著者で北海道大学准教授の相馬雅代氏は、「肉眼では確認できないほど速い動きです」と話す。しかも、小鳥界のフレッド・アステアのような彼らはとても稀有な存在らしい。「私たちが知る限り、こんなタップダンス行動を行う種は他にいません」(参考記事:「「ムーンウォーク」を踊る?森の名演奏家マイコドリ」)

【動画】ハイスピードカメラがとらえた、ルリガシラセイキチョウの珍しい求愛行動。鳥類で観察されるのは初めて。(撮影:太田菜央、北海道大学)
目にもとまらぬ足技

 激しく踊りながら歌うなど、人間なら息がきれてしまいそうだが、多くの鳥はパートナーの気を引くため、歌とダンスのショーを同時に演じられる。

 鳥はオスが複数のメスと交尾することが多い。となると、メスがオスを選ぶ目は厳しくならざるをえない。オスは自分の遺伝子を残すチャンスが何度もあるだろうが、メスは1度きりかもしれないからだ。したがって、メスを魅了しようと羽毛などを誇示するのは、普通はオスだ。(参考記事:「ナショジオが紹介した、世界の美しい鳥たち」)

 ところがルリガシラセイキチョウは一夫一妻で、それゆえオスもメスも、パートナー選びには非常に厳しい。

 ルリガシラセイキチョウはオスとメスがいずれも巣の材料をくわえ、ジャンプし、さえずって異性にアピールする。オスとメスの両方が求愛行動を見せるのは鳥類の中でもかなり珍しく、相馬氏ら研究者は解明に挑んだ。

 野生の状態で行動を記録するのは難しいため、相馬氏らはドイツ、マックスプランク鳥類学研究所でまとまった数のセイキチョウを飼育している、マンフレッド・ガール氏のラボに協力を仰いだ。

 研究チームは、大きな鳥かごに通常のビデオカメラとハイスピードカメラを設置。ランダムに選んだオスとメスをつがいにして鳥かごに入れ、カメラを回してひたすら待った。互いに求愛行動を全く示さないペアも少なくなかった。

 辛抱の末、ついに求愛行動が観察できた。ノーマルスピードのカメラでは、ジャンプとさえずりという、すでに知られている行動が確認された。一方、ハイスピードカメラは目にも止まらぬ動きをとらえていた。求愛行動のなかでオスとメスの両方が、人間が瞬きするよりも速く、止まり木の上で3回ステップを踏んでいたのだ。研究結果は、11月19日付で科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。


求愛行動の小道具である巣材をくわえるオスのセイキチョウ。(撮影:太田菜央)

元気さもアピール

 相馬氏がこの行動を「タップダンス」と呼ぶのは、その華麗な足技ゆえというだけではない。氏は鳥がステップして鳴らす音で、自分の健康状態を相手に知らせていると考えている。(参考記事:「水の上の走り方、水鳥カイツブリの秘技が明らかに」)

1  例えば、数分間ダンスし続け、タップ音を出し続けることができれば、健康状態は良好だという合図になるのだ。

 今回の研究にはかかわっていないが、コーネル大学鳥類学研究所の博士課程を修了した研究者、アナスタシア・デイエル氏は「これまでの方向性を変える研究になるでしょう」と話す。「鳥のさえずりばかりが注目されていましたが、ようやく視覚的な求愛行動の研究が始まったのです。この研究は、これまで科学者が検討していなかったことを詳細に調べています」(参考記事:「ニワシドリの求愛」)


求愛ダンスを踊るオスのセイキチョウ。(撮影:太田菜央)

文=Carrie Arnold/訳=高野夏美
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/112400051/

セイキチョウ:求愛のタップダンス 北大院生、撮影に成功【毎日新聞2015年11月20日】
巣材をくわえ、左足でタップダンスをするセイキチョウの雄(左)=北海道大生命科学院の太田菜央さん提供

 顔や胸腹部が淡い青色で「サファイア」とも呼ばれるアフリカ原産の小鳥セイキチョウが、タップダンスのように高速で止まり木を足でたたいて求愛行動する模様を、北海道大生命科学院の太田菜央(なお)院生らがハイスピードカメラで撮影することに成功した。鳥の求愛行動はさえずりやダンスが知られるが、止まり木をたたく行動を確認したの初めてという。19日の英科学誌サイエンティフィック・リポーツで発表した。

 木を足でたたく行動は高速で、肉眼では確認できない。太田さんらが共同で研究しているドイツの研究施設内で1秒間に300コマ撮影できるカメラを使用。雌雄いずれでも確認した。【千々部一好】
http://mainichi.jp/shimen/news/20151120ddm041040178000c.html

小鳥の求愛タップダンス、北大の研究チームが撮影成功【朝日新聞デジタル2015年11月20日】
求愛行動をする雄のセイキチョウ(左)=札幌市北区の北海道大、太田菜央さん撮影

 小鳥がさえずりながらタップダンスを踊るように両足で足踏みする姿を、北海道大の研究チームが撮影した。異性への求愛行動とみられ、高速で複雑に踏みならす姿は珍しいという。19日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に論文が掲載された。

 鳥の生態を分析する同大大学院の相馬雅代准教授らの研究チームが、研究事例の少ないアフリカの小鳥「セイキチョウ」に注目。雌雄16羽を1秒間に300コマ撮影できるカメラで2週間観察したところ、11羽(雄7羽、雌4羽)が1回のジャンプの間に平均3〜4回、最大6回程度足踏みをしているのを確認した。

 チームによると、近い種類の文鳥などは単純なジャンプはするが、高速で足踏みするのはまれという。リズミカルな足踏みの音や震動で、異性へ強くアピールしている可能性があるという。相馬准教授は「声や羽で音を出す鳥は多いが、ここまで複雑な動きをする鳥は珍しく、さらに分析したい」と話している。(森本未紀)
http://www.asahi.com/articles/ASHCL5D7THCLIIPE012.html

小鳥の「高速タップダンス」求愛行動、雌雄で初観察 研究【AFPBB News2015年11月20日】
餌を探すルリガシラセイキチョウ。タンザニアで。Biosphoto提供。(c)Biosphoto
【11月20日 AFP】アフリカに生息する、一夫一婦でつがいになる小鳥が、人間の目には見えないほど高速でタップを踏むとの研究結果が19日、発表された。入念な求愛の儀式で披露されるこのダンスは、雄と雌の両方が行うという。

「ブルーキャップド・コルドンブルー(Blue-capped Cordon-bleu、ルリガシラセイキチョウ、学名:Uraeginthus cyanocephalus)」の印象的な名前を持つこの鳥の高速での足踏み動作は、高速度ビデオカメラを用いた動画撮影で、今回、初めて観察された。

 人間に目には、止まり木で素早く1回飛び跳ねるように見えるだけだが、実際には、100分の6秒(60ミリ秒)ごとに3回タップを踏むスピードで脚を動かしていることを、ドイツと日本の生物学者チームが発見した。

 またステップのタイミングについては、鳥のさえずりと調和がとれているように思われたという。

 この素早い動作が確認された鳥は、カエデチョウの仲間で東アフリカ原産。雄と雌の両方が求愛行動をする数少ない鳥の一種で体長は10センチほどだ。

 雄の頭部、体、尾は鮮やかな水色で、翼と腹部、背中は明るい茶色。雌は、頭頂部も茶色になっている以外は同様の体色だ。

 求愛ダンスでは、鳥がそれぞれくちばしに小枝をくわえて頭を高く上げ、さえずりながら高速で運動し、リズミカルなタップ音を奏でる。動画では、雄と雌が代わる代わるこれを行っている。

 今回の研究結果は、性選択の古典理論に異議を唱えるものだ。性選択理論では、さえずりとダンスを入念に行う求愛行動は、雄だけが実行するものであることを前提としている。

 今回の研究は、飼育されているルリガシラセイキチョウの雄8羽、雌8羽の計16羽を対象に実施された。研究結果は英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された。
http://www.afpbb.com/articles/-/3067398

ttps://archive.is/LLk5u
ttps://archive.is/oWmZx
ttps://archive.is/J6khL
ttps://archive.is/kagN3

posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: