2015年11月25日

食べる目的?レース用ハト、ニワトリ盗難相次ぐ【YOMIURI ONLINE2015年11月25日】

 群馬県大泉町で7月以降、ハトやニワトリが盗まれたとみられる被害が少なくとも4件相次ぎ、群馬県警大泉署が調べている。

 同署によると、7月に民家で飼育しているレース用のハトが1日の間に約60羽盗まれた。敷地内に動物が侵入した痕跡はなかった。8月には会社で飼っていたニワトリ約10羽がいなくなり、今月も、別の民家からレース用ハト約30羽、別の会社の庭で飼っていたニワトリ約5羽が盗まれた。

 同署は「何者かが食べる目的で盗んだ可能性がある」とみて、被害地域周辺のパトロールを強化。24日には、防犯情報を登録者に配信する「上州くん安全・安心メール」でも、鶏小屋の二重施錠、防犯カメラやセンサーライト設置などの防犯対策を呼びかけた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151125-OYT1T50165.html

ttps://archive.is/m8FDa

posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: