2015年11月30日

コウノトリ、千キロを一飛び 韓国から沖永良部島へ【共同通信2015年11月30日】(既報2ソース)

【ソウル共同】韓国西部の忠清南道礼山で放たれたコウノトリ1羽が、11月下旬に約34時間休まずに約1077キロを飛び続け、鹿児島県・沖永良部島に降り立っていたことが30日分かった。電波発信機データを分析した韓国教員大が明らかにした。
 日本で放たれたコウノトリが韓国へ渡った例は少なくとも3回確認されているが、韓国から日本に渡ったことが確認されたのは初めてという。
 同大によると、コウノトリがこれだけの長距離を休まずに飛んだことはほとんど記録がなく「驚くべき知らせ」としている。コウノトリは今年生まれた雄で、偏西風に流され沖永良部島に至った可能性もあるとみている。
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015113001002184.html

韓国で放し飼いのコウノトリ、沖永良部島で発見【朝鮮日報2015年11月28日】 韓国で放し飼いされたコウノトリが日本で発見された。韓国教員大学コウノトリ生態研究院が27日に発表した。

 研究院は禮山コウノトリ公園の研究チームと共同で、今年9月3日に忠清南道の同公園で放し飼いした8羽について、2時間おきに位置を追跡してきた。

 8羽のうち今年生まれたオス1羽は、今月24日午前9時頃に韓国の南海岸に移動し、翌日午後7時に日本の沖永良部島にいることがわかった。コウノトリは1077キロの距離をおよそ34時間かけて休まず飛び続けたことになる。

 また沖永良部島の現地でも住民が発信機がついたコウノトリを目撃しており、現地メディアもこのことを報じている。

 コウノトリが日本にまで移動した理由について研究院は、韓国国内に生息地が不足している点を上げた。研究院の関係者は「放し飼いされた周辺から他の地域に移動した事実から推測すると、十分なえさのある生息地が周辺にはなかったと考えられる」「寒さを避け偏西風にのって南に移動した可能性もある」などの見方を示した。

 コウノトリは韓国文化財庁が天然記念物第199号に、また環境部(省に相当)が絶滅の恐れがある野生動植物1級に指定している国際保護鳥だ。

NEWSIS/朝鮮日報日本語版
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015113001002184.html

韓国で放鳥のコウノトリ 沖永良部に飛来【YOMIURI ONLINE2015年11月27日】
 韓国で9月に放鳥されたコウノトリ8羽のうち1羽が、約900キロを飛んで鹿児島県・沖永良部島に飛来したことが26日、わかった。日本生まれで韓国に渡った例はあるが、韓国生まれで日本に来たのは初めて。専門家は「相互に行き来して繁殖する可能性が高まってきた」と期待している。

 取り付けた電波発信機の位置情報でわかった。分析した国立韓国教員大によると、9月3日に韓国西部の忠清南道チュンチョンナムド礼山イエサン郡で放たれた8羽のうち、今年生まれた雄。11月24日朝、韓国全羅南道チョルラナムド新安シナン郡から南西方向へ飛び立ち、東シナ海で進路を南東に変えて25日夜、沖永良部島に着いた。

 進路変更の理由は不明。繁殖に取り組む兵庫県立コウノトリの郷さと公園は、越冬地の中国を目指し、途中で季節風により流された可能性があるとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20151127-OYS1T50010.html

ttps://archive.is/4tfyv
ttps://archive.is/4tfyv
ttps://archive.is/QVxh6

posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: