2015年12月03日

コハクチョウ:湖上でピクニック 高島 /滋賀【毎日新聞2015年12月3日】

 高島市今津町の北仰(きとげ)浜で11月30日、コハクチョウ15羽の姿が目撃された。半数近くは羽の色がグレーの幼鳥。竹生島を望む湖面で、コハクチョウはゆっくり泳いだり羽づくろいしたりしていた。

 コハクチョウは湖岸に近寄っては水中に長い首を突っ込み、逆立ちするようにお尻を水面に出す愛らしい姿を繰り返し見せていた。観察していた「環境を守るいまづの会」の深田源蔵さん(68)は「湖底に生えた水草を食べている。琵琶湖の水位が低いので、浅くなって食べやすいのだろう」と話していた。

 湖北野鳥センター(長浜市)によると、県内へのコハクチョウの飛来は11月末で144羽を確認。11月初めに100羽を超え、例年にない早いペースだったが、その後はあまり増えていない。米原市から長浜市にかけての東岸と高島市北部の湖岸で見られるという。【塚原和俊】
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20151203ddlk25040622000c.html

ttps://archive.is/DCgGe

posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: