2015年12月06日

東近江で市民ボランティアらヨシ刈りで琵琶湖再生へ【産経ニュース2015年12月6日】(水鳥/既報関連ソース有り)

 琵琶湖のヨシを手入れし再生を図ろうと5日、東近江市伊庭町の伊庭内湖周辺で、市民ボランティアらによるヨシ刈り作業が行われた。約250人が刈り取りに汗を流した。

 ヨシは水辺に生える多年草植物で、水質浄化のほか、魚や水鳥のすみかとして生態系の保全に役立っている。

 かつて同地域では新芽の成長を促すよう、冬から春にかけてヨシ刈りやヨシ焼きがさかんに行われていたが、生活様式の変化などで近年行われなくなっていた。地域住民らでつくる保全団体が呼びかけて平成21年に復活させ、毎年実施している。

 参加者は手際よく作業を進め、約1時間半で約1.5ヘクタールのヨシ群落を刈り取った。主催した伊庭の里湖づくり協議会の田中信弘会長は「自然環境を守っていくという心意気で活動を続け、琵琶湖の固有種『ニゴロブナ』などを育てていきたい」などと話した。
http://www.sankei.com/region/news/151206/rgn1512060027-n1.html

ttps://archive.is/lbzaK
琵琶湖のヨシ群落回復、20年前の1.5倍 保全活動実る【産経ニュース2015年12月2日】(水鳥)

posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: