2015年12月08日

鵜様捕獲を1日前倒し 七尾、不在回避へ【北國新聞2015年12月8日】(ウミウ)

今年の成功を願う小西さん(左)と鵜捕部=七尾市鵜浦町

 国重要無形民俗文化財「鵜祭(うまつり)」で翌年の吉凶を占うウミウ「鵜様(うさま)」の捕獲が、今年は例年より1日早い8日から始まる。直近の3年間で2度、ウミウを捕えることができなかったためで、捕獲の前倒しは鵜(う)捕(とり)の技を継ぐ小西寛之さん(53)=七尾市鵜浦町(うのうらまち)=が35年前に鵜捕主任となってからは初めてとなる。7日は、鵜祭が営まれる羽咋市の気多大社に鵜様を運ぶ鵜(う)捕部(とりべ)が小西さん方にかごを届け、成功を願った。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20151208102.htm

ttps://archive.is/0m6DJ

タグ:ウミウ 鵜飼
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: