2015年12月07日

カラス個体数増 渡り鳥多く/弘前市10月調査【陸奥新報2015年12月7日】

 弘前市は今年度のカラス個体数調査を公表した。調査日の10月28日に弘前公園周辺で確認されたカラスは5853羽で、前年同時期の調査より1219羽以上多かった。ただ中国大陸からの渡り鳥であるミヤマガラスなどが例年よりかなり多く確認され、この時期は渡りの途中で一時的に滞在することも多いことから、引き続き個体数の推移を見守る必要があるとした。
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2015/12/39201.html

ttps://archive.is/O72ul

posted by BNJ at 23:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: