2015年12月09日

コハクチョウ 島根・安来の田園地帯に飛来【毎日新聞2015年12月9日】

 本格的な冬となり、島根県安来市北部に広がる田園地帯でコハクチョウが越冬している。1975年ごろから飛んで来るようになり、多い日は約1500羽の姿が見られるという。

 地元の農事組合法人ファーム宇賀荘によると、コハクチョウは10月中旬になると北方からやって来る。昼間は収穫後の田んぼで稲の芽や根を食べて過ごし、夜は中海をはさんだ米子水鳥公園(鳥取県米子市)で休んでいる。来年3月中旬まで見られるという。【大西岳彦】
http://mainichi.jp/articles/20151209/k00/00m/040/130000c

ttps://archive.is/QKyBA

posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: