2015年12月11日

宮崎で低病原性鳥インフル【朝日新聞デジタル2015年12月11日】(H5N3型/他2ソース)

 宮崎県は10日、宮崎市高岡町のため池周辺で11月に採取された野生のカモ類の糞便(ふんべん)から、低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出されたと発表した。低病原性のウイルスの確認は今季、徳島県鳴門市、島根県安来市に続き、全国で3例目。

 環境省が毎年10月から全国で実施するモニタリング調査で分かった。低病原性の場合、国の防疫指針に基づき、県は回収地点から半径1キロ圏内の養鶏場への注意喚起や健康観察を指導するが、今回は該当する養鶏場はない。
http://www.asahi.com/articles/SDI201512114889.html

宮崎で低病原性鳥インフル、野鳥ふんから検出【YOMIURI ONLINE2015年12月11日】
 県は10日、宮崎市のため池で採取されたガンカモ類の野鳥のふんから、低病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。県は「高病原性のウイルスの侵入リスクが高まっている」として、県内全ての養鶏農家に消毒や観察を徹底するなどの注意を呼びかけている。

 県家畜防疫対策課によると、環境省の全国調査で11月に採取。農林水産省を通じて県に検査結果が連絡された。採取場所から半径1キロ以内には養鶏農家はなく、周囲の野鳥にも異常は確認されていないという。

 調査は、環境省が毎年10月から翌年4月にかけ全国53地区で行っており、県内では宮崎市で実施。今シーズンの検出は、徳島県鳴門市、島根県安来市に続き、3例目。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/local/miyazaki/20151211-OYS1T50017.html

低病原性鳥フル検出 宮崎市で採取の野鳥ふん【Miyanichi e-presss2015年12月11日】
 宮崎県は10日、宮崎市で採取された野鳥のふん便から低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出されたと発表した。環境省が10月から実施している全国調査によるもので、国内での検出は11月の徳島、島根県に続き3例目。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_16206.html

ttps://archive.is/Q5ZS9
ttps://archive.is/ENqWf
ttps://archive.is/ox3C8

posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: