2015年06月30日

里山保全で新税構想=来年度改正で要望へ−環境省【時事ドットコム2015年6月30日】

 今後の自然保全の在り方を検討していた環境省のプロジェクトチームは30日、里山の自然、生態系の保全を目的にした新税の創設を盛り込んだ中間まとめを公表した。国民1人当たり1日1〜2円程度の負担を想定しており、望月義夫環境相は閣議後の記者会見で「経済産業省、農林水産省とどういう形が一番良いか研究する」と述べた。環境省は2016年度税制改正要望に盛り込む方針だ。
 トキやコウノトリが生息する環境づくりや草原の再生など自然環境の回復や保全に充てる構想だ。関係省庁や都市計画の専門家による「森里川海協議会」を設置し、協議会が策定する自然保全の方針を踏まえ、地域単位につくる組織が、地元の実情に合った里山の保全などを行うことを想定している。
 新税で得られる資金を協議会運営や地域で展開する保全事業に充てる考えだ。(2015/06/30-12:03)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015063000402&g=eco

ttps://archive.is/gLhWm

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: