2015年12月17日

【探鳥】コゲラ(小啄木鳥) 木の実をパクリ【東京新聞2015年12月17日】

 埼玉県飯能市の関八州見晴台(標高771メートル)で4日朝、マユミのピンク色の実から赤い種子を食べるコゲラ。枝を移動し盛んに採食する。関東平野を一望する絶景ポイントで風景を撮影中、「ギィー」と鳴いて出現した。かわいい鳥だ。
 コゲラは日本産キツツキ12種の中で最も小さい。全長は15センチで、スズメとほぼ同じ大きさ。国内には9亜種が知られ、日本全土に分布。南へ行くほど黒っぽい。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2015121702000196.html

ttps://archive.is/aMoOB

タグ:コゲラ
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: