2015年12月19日

二条城と名古屋城の障壁画競演、「桜花雉子図」公開へ【朝日新聞デジタル2015年12月19日】(キジ/ヤマドリ/鳥類美術)

元離宮二条城の築城400年記念展示・収蔵館で19日に始まる開館10周年特別展示「尾張と京の桜花雉子図」。名古屋城の本丸御殿の障壁画(中央)と二条城の二の丸御殿(両端)の障壁画が初めて並べて展示されている=京都市中京区、戸村登撮影

 世界遺産・二条城(京都市)と、名古屋城(名古屋市)に残る、狩野派絵師による同じ題の障壁画「桜花雉子図(おうかきじず)」(いずれも国重要文化財)が19日から、二条城の展示・収蔵館で初めて並んで公開される。

 名古屋城の図は、大坂冬の陣があった1614年の作。桜の下にキジのつがいと山鳥が群れ集う様が優美に描かれ、本丸御殿の表書院を飾ってきた。作者は桃山時代の巨匠、狩野永徳の次男・孝信(たかのぶ)とされる。

 一方、二条城の図は二の丸御殿の黒書院に1626年に描かれた。舞い散る桜の花びらやツツジをあでやかに表現。作者は孝信の次男・尚信(なおのぶ)とされ、親子競作の可能性があるという。

 来年2月14日まで(1月までの毎週火曜と今月29〜31日は休館)。入城料一般600円と入館料100円。問い合わせは二条城事務所(075・841・0096)。(久保智祥)
http://www.asahi.com/articles/ASHDL0FKHHDKPLZB01Q.html

ttps://archive.is/pBRgz

posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: