2015年12月20日

動物と触れ合い満喫、鷹匠体験も 能代市で20日まで【さきがけonTheWeb2015年12月20日】

鷹匠を体験する児童
 ウサギやモルモットと触れ合える「ミニミニどうぶつ園」が19日、秋田県能代市の東北電力能代エナジアムパークで始まった。同パークのクリスマス関連イベント。多くの家族連れが訪れ、さまざまな動物との交流を楽しんだ。20日まで。

 会場には岡村動物プロダクション(秋田市)が飼育する12種類60匹の動物を展示。来場者はモルモットを膝に乗せたり、餌のコマツナを食べさせたりして触れ合った。体重6キロのジャンボウサギと記念撮影する親子の姿も見られた。

 また鷹匠(たかじょう)を体験できるコーナーもあり、子どもたちは飼育員が飛び立たせたハリスホーク(日本名モモアカノスリ)を皮の手袋をはめた手で受け止めた。

 入場無料。午前10時〜午後4時。
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20151220c

ttps://archive.is/up13c

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: