2015年12月22日

石川 カレンダーにトキ育む心 能里の会・岡本さん【中日新聞2015年12月22日】

カレンダーを届けた岡本孝二さん(右)=羽咋中で
写真
羽咋中に200部贈る

 トキの野生復帰を目指す市民団体「いしかわトキ能里(のり)の会」代表で、元羽咋中学校美術教員の岡本孝二さん(71)=金沢市利屋町=が、トキの保護などを題材にした来年のカレンダーを作り、二十一日、同校に計二百部を贈った。

 親交のある「NPO法人日本中国朱鷺保護協会」名誉会長の村本義雄さん(90)=羽咋市上中山町=の功績を知ってもらおうと今年も企画。村本さんが六十年前に市内の眉丈山でトキの撮影に成功した際の図案を自ら考え、同校美術部が切り絵にして印刷した。

 高校受験を控えた三年生を対象に贈り、「合格祈願」の言葉も添えた。代表して受け取った三年の森田真帆さんは「カレンダーを見て、村本さんの活動を初めて知った。他の生徒にも伝えていきたい」と話した。

 カレンダーはA2判で千二百部を作った。市内の六郵便局で無料配布もしている。 (渡辺大地)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20151222/CK2015122202000035.html

ttps://archive.is/MGxtt

タグ:トキ
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: