2015年12月24日

カラス80羽死ぬ、目立った外傷なし…福島【YOMIURI ONLINE2015年12月24日】(他2ソース/既報関連ソースあり)

 福島県は23日、鏡石町の県立岩瀬農業高校周辺や須賀川市の牧草地などで、カラス80羽の死骸が見つかったと発表した。

 うち9羽について鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところ、陰性だった。今後、国立環境研究所(茨城県つくば市)で詳しく調べる。結果が出るまで約1週間かかるという。

 県自然保護課によると、21日に同校から「敷地内でカラスが死んでいる」と連絡があり、職員が11羽の死骸を確認。周辺を調べたところ、22日に64羽、23日に5羽の死骸が見つかった。目立った外傷などはないという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151224-OYT1T50022.html

カラスの死骸 新たに5羽発見、計80羽に 県立高周辺【毎日新聞2015年12月23日】
 福島県鏡石町の県立岩瀬農業高校周辺で大量のカラスの死骸が見つかった問題で、県は23日、調査の結果、同校周辺で新たに5羽を見つけたと発表した。見つかったカラスの死骸は計80羽になった。

 県自然保護課によると、5羽のうち3羽は外傷がなく原因不明。残りの2羽は他のカラスに襲われたとみられるものと、腐敗が進んだ古い死骸だったという。前日までの鳥インフルエンザウイルスの簡易検査では陰性だった。【宮崎稔樹】
http://mainichi.jp/articles/20151224/k00/00m/040/015000c

カラス大量死、新たに5羽発見し計80羽に 鏡石【福島民友ニュース2015年12月24日】
 鏡石町の岩瀬農高周辺でカラスが死んでいるのが見つかった問題で、県が23日、現地調査をしたところ、新たに5羽の死骸を発見、死んだカラスは計80羽となった。同日は発見数が10羽以下だったため、環境省のマニュアルに従い鳥インフルエンザの簡易検査は行わなかった。5羽の死因は不明だが、中には外傷が原因で死んだとみられるカラスもいたという。

 現地調査した県自然保護課の田村尚之副課長は死因について「まとまって死骸が見つかっている杉木立は営巣地の可能性が高く、食中毒などの可能性も捨てきれない」と話した。

 同校周辺では21日に11羽、22日には64羽の死骸が見つかり、抽出式の簡易検査で鳥インフルエンザは陰性と判定されている。県は国立環境研究所に検体を送り、遺伝子検査している。結果判明まで約1週間かかる見通し。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20151223-037712.php

ttps://archive.is/gw0B5
ttps://archive.is/hxWzu
ttps://archive.is/Se4hM
カラス75羽の死骸見つかる 福島・鏡石、死因わからず【朝日新聞デジタル2015年12月22日】

posted by BNJ at 20:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: