2015年12月25日

岡山)原付きバイクで「ご当地プレート」 岡山市交付へ【朝日新聞デジタル2015年12月25日】(市の鳥/タンチョウ/キジ)

原付きバイクのナンバープレート。桃太郎(上)と岡山城を描いた2種類がある=岡山市役所

 桃太郎に岡山城――。岡山市が原付きバイクの「ご当地ナンバープレート」をつくり、来年1月18日から交付を始める。岡山工業高校の女子生徒2人の作品がデザインに選ばれた。大森雅夫市長は「郷土愛がいっそう高まることを期待している」と話す。

 市は岡山工業、東岡山工業の2高校でデザインを学んでいる生徒たちにデザインの作製を依頼。108点の応募があり、いずれも岡山工業高校デザイン科2年の小林真由美さん(17)、松本志保さん(16)の作品2点を最優秀賞に選び、ナンバープレートのデザインに採用した。

 小林さんは、昔話「桃太郎」にちなみ、桃太郎と犬、猿、キジを描き、太陽をあしらった。バランスにこだわり、番号下に描いた桃太郎から犬、猿、キジの絵を順々に小さくした。小林さんは「みんなに付けてもらいたい」とドライバーに呼びかけた。

 ログイン前の続き一方、松本さんは、紅と白の2色で、岡山城と市の鳥・タンチョウを描いた。シンプルなデザインを心がけ、紅白で日本の和をイメージしたという。「歩いている時に見かけたら、自慢したい」と笑顔だった。

 ご当地ナンバープレートは50cc以下の原付きバイクが対象。各区役所の市税事務所や支所、地域センターで交付する。現行のナンバープレートを含め、3種類から選択できる。現行のナンバープレートから、ご当地ナンバープレートに交換するには300円が必要。(大坂尚子)
http://www.asahi.com/articles/ASHDQ3F2THDQPPZB004.html

ttps://archive.is/RAxH1

posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: