2015年12月28日

オオタカ増で「希少種」指定の解除検討 環境省 営巣数飽和の地域も【下野新聞2015年12月28日】

 環境省が「国内希少野生動植物種」指定の解除を検討しているオオタカ。那須塩原市、那須町にまたがる那須野ケ原で調査を続けるNPO法人「オオタカ保護基金」(宇都宮市)も指定解除に一定の理解を示す。一方、オオタカが「希少種」だったことが乱開発に歯止めを掛けた側面があるとして、環境省に継続的に、その必要性を訴える考えだ。

 オオタカは環境省によると、1984年の民間調査で国内で推定300〜489羽に減少していることが判明。93年、種の保存法施行とともに希少種に指定された。その後、研究者の調査などによると、保護策が奏功する形で増加傾向にあるという。

 オオタカ保護基金の遠藤孝一(えんどうこういち)代表は「那須野ケ原でも増えているのは間違いない」と指摘する。

 保護基金が活動を始めた80年代、つがいによる営巣は那須野ケ原で数カ所にとどまっていた。2003年に最多の28カ所を確認し、以降はおおむね20〜25カ所。「ほぼ飽和状態」で横ばいが続いているという。

 環境省のレッドリストでも当初は「絶滅危惧種」だったが、06、12年の評価で2回連続「準絶滅危惧種」となった。県版レッドリストでも、準絶滅危惧種に分類されている。環境省は13年、希少種解除の検討を始めた。

 遠藤代表はオオタカばかりでなく、生態系を守る視点の重要性を指摘する。

 オオタカが生息するような里山環境を保全する法律は未整備のままだ。

 こうした状況から、遠藤代表は「『(生態系全体を維持するため)生態系の上位種がいる自然を守る』との仕組みが必要だ」と警鐘を鳴らしている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20151228/2186402

ttps://archive.is/fxKek

タグ:オオタカ
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: